オフィス家具のレンタルとリースの違いを解説

家具を借りて使用する

>

途中で解約できるのか

違約金が発生する危険性

短期間の契約なので、レンタルは解約できることが多いです。
しかしリースはこちらが希望した家具を購入してもらっているので、途中で解約することはできません。
どうしても事情があって解約しなければいけない場合は、残りの代金を一括で支払ってください。

またその金額とは別に違約金が発生するルールの業者も存在するので、家具をリースするなら解約のルールを具体的に調べることをおすすめします。
違約金が発生すると出費が増えて、会社の経営がうまくいかなくなるかもしれないので気を付けましょう。
仮に解約できても、何度もその行為を繰り返すとこちらの信頼を失ってしまいます。
ですからなるべく解約しなくても良いように、期間をよく考えてください。

短い期間を選択しよう

ずっと使い続けることがわかっているなら、リースの時に長い期間を選択するのがおすすめです。
しかし、どのくらい家具を使うのかわからない人もいるでしょう。
それなら、最も短い期間を指定してください。
期間が過ぎる少し前に、リース業者から延長するかどうか尋ねられます。
まだまだ家具を使いたい場合は、延長してください。

すると契約を伸ばせるので、家具を使い続けられます。
もし必要ないと思ったら家具をすみやかに返却し、別の家具を選択しても良いでしょう。
家具は、実際に使わなければわかりません。
単体で見るとオシャレで機能性が良いと思ったのに、実際に使うと会社の雰囲気に合わなかったり、せっかくの機能を全く使わなかったりすることもあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る